西田辺 きじ歯科 HOMEへ

   

INDEX







iCATナビゲーションシステムは、CT画像からコンピュータ上で適正なインプラント埋入位置をシミュレーションし、さらにその結果を反映したガイド・ドリルにより、安全で精度の高い手術をサポートします。

研究用模型の合成 
金属アーティファクトのない3D画像の実現
研究用模型を工業用マイクロCTによりデータ化し、顎骨CTデータと合成します。
これにより歯冠補綴などによる金属アーティファクトのないクリアな3D画像を実現しました。
インプラント断面 
意図的傾斜埋入をインプラント断面で診断可能
従来型の歯列弓に垂直な顎骨断面のみではなく、傾斜埋入したインプラントの断面で診断できます。
インプラント断面を回転させることで、臨在歯との関係や傾斜状態を3次元的に精度高く把握できます。
バーチャル咬合器
模型合成による対合関係が診断可能
研究用模型の外形が画像内に2D表示されているため、暫間義歯の歯の位置とインプラント埋入位置の関係や、上下顎の対合関係の診断が可能です。
骨質のカラー表示
ハンスフィールドユニット(CT値)
によって骨質が診断可能
インプラント断面を回転させながら、安全かつ骨密度の高い位置への埋入シミュレーションができます。



   
KIJI DENTAL CLINIC.